予備試験合格への勉強時間は2000時間。質より量が大切

予備試験合格への学習時間は2,000時間

予備試験の合格に必要な時間は2,000時間とされています(もっとも学習経験の有無など個人差がありますが)。

したがってこの2,000時間の学習時間を確保することが大切です。

また資格スクエア予備試験講座では、2,000時間から3,000時間と動画の中で話しています。

【動画】「予備試験に必要な勉強時間を教えて!!|司法試験最短合格の道!資格スクエア」

【多かった質問ベスト3!】予備試験に必要な勉強時間を教えて!!|司法試験最短合格の道!資格スクエア「ハンパないチャンネル」vol.268

勉強は質より量

そして場合によってはさらに多くの時間を確保したいところ。なぜなら最初から質の高い学習ができるとは限らないからです。

ガイド
量が質を凌駕(りょうが)します

・学習計画は「質より量」で立てる

 試験に向けた学習計画を立てるときに重要なのが、「合格に必要な勉強時間をやりきること」です。暗記が主体となる資格試験においては、質より量が重要です。

 多くの試験には、合格に最低限必要な勉強時間というものがあります。「集中して勉強すれば、こんなに時間をかけなくても合格できるはず」と、根拠のない自信で自分を過信してはいけません。そして勉強を始めたら、1日の勉強時間を必ず記録してください。月末にその月の勉強時間を集計し、目標時間に達していなければ翌月以降で補填します。

引用出世コースを外れたおじさんの人生を救った「凡人勉強法」 中年ビジネスパーソンの人生挽回戦略 | LIMO」|

スキマ時間があるはず!

予備試験の受験生の中には忙しい社会人の方だと「十分な勉強時間がない」そんな声が聞こえてきそうです。

しかし「スキマ時間」があります。無駄な時間はないか、勉強に活用できる「スキマ時間」はないか、ぜひ検討してください

ちょっとした時間があれば、論点カードの確認ができます。また倍速で動画講義を復讐することも。まとまった学習時間がない以上、スキマ時間を大切にしましょう。

ここで予備試験受験生の方に参考にしていただきたいが資格スクエア予備試験講座の「【重要】スキマ時間で勉強は全く変わる!」です。

具体的に毎日の生活でどのようにスキマ時間を生み出すか、また学習への貪欲さ、など6分余りの動画ですが得るものが多いです。

【動画】「【重要】スキマ時間で勉強は全く変わる!|資格スクエア「ハンパないチャンネル」vol.754」

【重要】スキマ時間で勉強は全く変わる!|資格スクエア「ハンパないチャンネル」vol.754
タイトルとURLをコピーしました