【弁護士の集客】司法試験合格の前に今からサイト(ホームページ・ブログ)を作っておこう

予備試験受験生の方の多くは、予備試験そして司法試験の合格を目指している方です。しかし司法試験合格はゴールではなく、通過点に過ぎません。

他の資格試験と同様に、司法試験は資格の一種に過ぎず、研修や実務を通して、ようやく一人前の法曹になります。ですから、一日も早く予備試験なり司法試験に合格すべきです。

そして大切なのが、弁護士になった時の集客方法です。

効果的な弁護士の集客方法とは?

弁護士に限らず、一般的な集客方法は次のようなものです。

  1. 看板
  2. 折り込みチラシ
  3. テレビやラジオのCM
  4. インターネットの利用(ブログ・ホームページ・各種SNSなど)
  5. 口コミ
  6. 本人の認知度(ブランディング)

このうち1、2、3については、各種法令に抵触しないか十分な注意が必要です(弁護士法による広告規制)。

すると4、5、6がおすすめの集客方法と言えます。そして5の口コミにしろ、6のブランディングでも、インターネットとの親和性が高く、ネットをフル活用することが大切です。

しかもブログやホームページは費用が安いの特長です。もちろんサイト制作業者に依頼すれば高額な費用も想定しなければなりませんが、最近では低額でありながら見栄えの良い「テンプレート」があります。これを利用すればいいのです。

サイトを作る
(画像はイメージです。)

今からサイト(ホームページ・ブログ)を作っておこう

前置きがかなり長くなりました。今から本題です。受験生の今からサイトを作っておこう、という話です。サイトといってもブログでもホームページでも良いのですが、長く運営することでファンがつきます。

もちろん、それが弁護士などの業務に必ずつながるとは断言できませんが、サイトを通じて人間性が伝わります。

そこから思わぬビジネスチャンスが広がる訳です。このようにサイトの運営がビジネスチャンスに広がる訳ですから、今のうちに始めるのが得策です。

ドメインを取っておこう

その運営サイトですが、無料ホームページでも良いと思います。もっとも独自ドメインだと、検索で優位になることがあります(この仕組みについては話すと長くなるので、別の機会にします)。

ドメインは.tokyoがおすすめ

ホームページの住所にあたるのが「ドメイン」。このドメイン、弁護士とか、分かりやすいドメインは、既に他の人に取得されています(.netとか.comとか、.jpなど)。そこでおすすめなのが、「.tokyo」ドメインです。

「.tokyo」は新しいドメインの種類のため、欲しいキーワードでの登録が可能な場合があります。ですので、狙い目のドメインが取れそうならば、早めの取得がおすすめです(早いもの勝ちのため)

ドメインの取得はこちらがおすすめ「お名前.com」

また2020年には東京オリンピックもあり、今後注目されるだろうドメインのひとつです。いまから業務に関連するドメインや、ブランディングに役立ちそうなドメインを狙っておくと良いでしょう。

アメーバブログは検索にも強い!SNS機能もある最強の無料ブログだったと確信した

もっとも、あえて無料ブログを選ぶ選択肢もあります。

それは読者機能(ファン機能のようなもの)などのSNS機能が充実しているアメブロです。に最近ではアメーバのドメインが強いせいでしょうか、アメブロでも検索上位に行くケースもあります。

ガイド
さらにSSL機能も装備!
SSLと言うのは、簡単に行ってしまえば、通信が暗号化されるというもの。記事の改竄(かいざん)もなく、安心してブログ記事を書いたり、読んだりできるということです

もちろん、事務所のホームページは独自ドメインでの運営が信頼度の面でおすすめです(さすがに法律事務所のホームページが無料サイトだと信用がない)。

ガイド
つまり、集客用としてアメブロを利用しようということです

このホームページ用の独自ドメインですが、運営歴が長いほどSEO上の評価が高まる、という考え方が強いです。

また独自ドメインの運営費用も、「お名前.com」とかなら高くても年間1,500円程度です。将来への投資として、今から仕込んでおくといいでしょう。
【参考】「【お名前.com】.tokyoドメインを新規に取得しました【安い!】

FC2ブログも魅力的!その理由は?

アメブロと並んでおすすめなのがFC2ブログです。

FC2ブログの特長として、テンプレートにもよりますが、カスタマイズができたり、結構自由度が高い。さらに表示までのスピードが、とてつもなく速い「爆速タイプ」のテンプレートも。

アメブロと同じくSNS機能(ツイッター、インスタなどへの同時投稿)もできるので、引っ越してきた次第です。今のところ、使いやすくて結構満足しています。

ガイド
またアドレスの一部を自分で作れる機能もあります

私の知る限りでは、このようにアドレスの変更が可能なのは、FC2ブログとグーグルが運営するブロガーぐらいです(2020年12月現在)。やっぱりFC2ブログはすごかった、そんな感想を持ちました。

【まとめ】今すぐブログやサイトで情報発信!

ここまで将来を見据えて、ブログやサイト作成の必要性をまとめてきました。

これから受験生の方がやるべきことは、司法試験予備試験の勉強と並行して、すこしづつ情報発信をしていくことだと思います。

正しい情報を発信するためには、それ以上の知識のインプットが必要であり、これにより更にバージョンアップが期待できると思います。

予備試験の合格を目指すならアガルート。刑事系の切れ味鋭い工藤北斗先生が講義を担当。

(スポンサーリンク)

予備試験
行政書士試験から予備試験の合格を目指すサイト
タイトルとURLをコピーしました