【東大読書】偏差値35から東大合格に導いた2つの読書法とは?

本を読んでいるのに理解できない!覚えていない!

書店に行けば大量の新刊本、またインターネット上では多くの情報があふれかえっています。なので、文字を読む機会は多いはずですが、「理解していない」「覚えていない」、そんな悩みはないでしょうか(私がそうです)。

これは一般的に「読解力がない」と言われるそうです(涙)

偏差値35からたった1年で東大に合格した方が教える2つの読書法とは?

その前に、1年で偏差値35から東大に合格できるの?と疑問を持ちましたが、これから紹介する読書法などを取り入れれば、地頭もよくなるそうです。その2つの読書法とは?

偏差値35から東大へ!僕を救った「読む技術」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル
みなさんは、「自分は読解力があるほうだ」と胸を張って言えますか?「読解力」というのは、文章を正しく読み解く力のことです。日常の中で触れる本や記事を、みなさんは正しく読むことができますか?「日本語なん…

【読書法1】「要約ができているか?」

簡単に言うと、短い文章で(一行とか一言で)要約できるか?という点。読めていなければ内容を把握できず、要約もできない訳です。

【チェック1】読んだ本を要約できるか?

【読書法2】「疑問点があるか?」

2つ目の読書法は「疑問点を持って読めているか?」というもの。筆者と読み手は、生活環境も異なるため、多少の疑問点は湧くもの。

そんな風に疑問を持つことなく、読んでいる対象を鵜呑み(うのみ)にするようでは、本が読めていない証拠です。

【チェック2】疑問点を持って本を読んでいるか?

能動的な読書は最高の「思考力トレーニング」である

この2つの読み方だけでも効果的ですが、さらに工夫をすることで、思考力のトレーニングになるようです。また「東大読書」にある方法を使えば、地頭も良くなるかもしれません。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

西岡 壱誠
1,494円(07/04 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

★著者からのコメント★
もともと「できる子」だった東大生たちには「当たり前」の読み方。
偏差値35で落ちこぼれた僕がたどり着くまで、2年も浪人しました。
でも、だからこそ誰よりも、この読書術の「やり方」と「スゴさ」がわかります。
本書ではそれを、あますところなくご紹介します。
ーー西岡壱誠
はじめに 偏差値35だった僕を変えてくれた「東大読書」

引用:楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15467729/

法律系資格の取得を目指す受験生の方は、こちらの記事もおすすめです。キャリアアップを目指しましょう。

宅建から司法試験予備試験の合格は難しい?
テレビドラマで話題の検察官とか、弁護士になるためには司法試験に合格しないといけませんが、法科大学院を経由せず新司法試験の受験資格が得られるのが予備試験です。法科大学院は、未習コースが3年、既習コースが2年です(学部4年は別)。さらに高い学費
タイトルとURLをコピーしました